母子看護

母子支援特化型訪問看護ご利用の流れ

母子支援特化型訪問看護ご利用の流れ

   

1.当ステーションに相談受付

来所・お電話・メールのどちらかでご相談ください。
※相談料金は無料です


2.病院の紹介

当ステーションで相談させていただいたうえで、病院(精神科・産婦人科・小児科)の紹介や、かかりつけ医師への訪問看護利用の伝え方をお伝えいたします。
妊娠さんの場合 通院中の産婦人科医師に相談
ママさんの場合 ・産後直後~産後1か月未満の場合:出産された産婦人科医師に相談
・産後1か月以上の場合:当ステーションで相談の上、病院を紹介いたします
赤ちゃんの場合 ・出生直後~生後1か月未満の場合:出産された病院の産婦人科or小児科医師に相談
・生後1か月以上の場合:当ステーションで相談の上、病院を紹介いたします
訪問看護の導入には主治医の『訪問看護指示書』が必要になりますので、まずは受診していただきます。その上で医師の判断のもと、必要であれば『訪問看護指示書』 を発行して頂くことになります。 ※入院中の場合は、当ステーションに相談の後、主治医に相談となります。

3.面談

『訪問看護指示書』が発行された後、どんな看護を提供して欲しいか?どんな看護が提供できるか、(ご家族も含めて)ご自宅や病院などで、訪問助産師or看護師と一緒に面談いたします。 看護の内容についてご説明と、ご利用予定者様の状況などご質問をさせて頂きます。

4.サービス開始

当ステーションと利用者さんで、訪問看護サービスの契約書を交わし、サービスが開始いたします。症状を確認しながら、病院や行政などと連携し、ご利用者様の生活をサポートします。

PAGE TOP